シェルター運営 
シェルターは、ホームレス状態の方が、生活保護などの公的な支援策につながるまでのあいだの一時的な宿泊場所で、賃貸マンションの一室を使っています。
多くの方はすぐに公的支援につながってシェルターを出られますが、さまざまな事情からそれができない方もいらっしゃいます。
その場合は、しばらく宿泊していただいて相談を繰り返しながらその方の状態や特性を知り、今後のサポートについて情報を集め検討します。


 申請同行 
生活保護や緊急一時保護センター入所を望まれる方が、役所への申請に支援を希望されたときに同行します。
手続きの案内・役所との折衝の手伝いから、医療機関や宿泊先への同行など、落ち着き先が決まるまでサポートします。
そのあとも安定した生活にいきつくまで継続的にサポートしていきます。


 病院付き添い・お見舞い・退院後や通院中の方への支援 
心身の不調を訴えた方が医療を受けるサポートをします。
症状があるのに受診しないために症状が悪化したり、「必要な治療を受けない」ことを理由に生活保護を廃止されたりすることのないよう、早めの受診を勧めています。
入院したとき、不安や孤独感は、回復の妨げになります。
お見舞いに行って話すことで、不安を和らげ、病気や治療についても適切に理解していただきます。
退院後の方や通院中の方については、必要に応じてその方のご様子を見ながら、日々の生活の中での気持ちの安定を支えたり、医療や福祉と連携をするための継続的なサポートも行っていきます。


 アパートの転居手続き・訪問と生活支援 
生活保護を受けた方がアパートに入ろうとしても、不動産業者にだまされて不良物件をつかまされたり、悪質な保証会社が入るケースがあります。
それを防ぐためにも、アパートの物件探しや賃貸契約などの手続きに同行します。
障がいのある方には、グループホームやステップハウスへの入居のお手伝いもします。
アパート入居後も、必要に応じて訪問し、掃除・洗濯・整理整頓・金銭管理・服薬管理・大家さんや管理会社との折衝など、1人1人のニーズに応じてさまざまなサポートを行っています。


 日中活動支援 

無事にアパート入居にこぎつけても、障がい・高齢などで就労できない方は日中にやることがなくて、孤立感・自己無用感から、抑うつやひきこもり、アルコールやギャンブル依存などの問題が起きてくることがあります。
これが生活の破綻→再路上化への大きな要因になります。
そこで、アパートを訪問して話し相手になったり、一緒に外出したり、生きがいとなるような日中活動を一緒に探すなどの活動を行っています。
ハウジングファースト東京プロジェクトの日中活動につなげたり、地域資源につなげていくことも大事な活動です。